私達が現代生活を送るうえで、水道水の供給は最も重要なライフラインのひとつです。

日常生活の中では意識することは少ないですが、「蛇口をひねればいつでも水が出る」という状況を維持するためには、様々な技術上の工夫があります。日本国内の水道水に係る技術は非常に優れており、国外と比較しても高い水準にあると言えます。今でこそ常時通水はあたりまえとなっていますが、過去においては工事と言えば断水もやむを得ずという時期もあったようです。

しかし現在は通水状態を維持しながら工事が可能な「不断水工事」が可能となっており、より便利な暮らしができるようになっています。この不断水工事には、大きく「分岐工法」と「凍結工法」と呼ばれる工法があります。分岐工法とは、既設の水道管に割T字管とよばれる部材を接続し、接続された内部にてカッターで既設水道管に穴を空けて新設枝管側に通水する方法です。凍結工法とは、分岐を行う箇所の両端部を特殊な低温の原料を用いて凍らせて止水し、分岐後に新設枝管側に水を流すやり方です。

いずれの工法においても、「不断水」で行うことが可能な方法で、建物全体が断水となることがなく、ワンフロアや水道管の系統単位の工事も行うことができます。このような方法が主流のなる以前は、断水が前提となるため、影響範囲の住民への説明や理解に非常に苦労したようです。状況によっては給水車の手配まで要することもあり、そのような状況と比較すると、現在は非常に効率的に工事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *