不断水工法とは通水状態を維持したままバルブや分岐管の設置・交換を行うための技術です。

1959年に上水道の配管工事を行う技術として分岐工法が開発されました。この技術は穿孔機と割T字管、仕切弁を使って機械的に配管に穴を開けます。既設管にこれらを設置して仕切弁を全開にした状態のまま穿孔機のドリルで穴を開け、弁を閉じてから穿孔機のみ外します。仕切弁の先に新しいバルブや分岐管を設置することになります。分岐工法は完全な通水状態を維持したまま作業を行うことができます。

割T字管と仕切弁は作業後も既設管に装着されたまま残ります。ドリルで穴を開けた際に発生する切り屑は水圧で外に押し出されて穿孔機内に取り込まれるので、作業後に配管内に残ることはありません。分岐工法はもともと上水道の配管工事を行うために開発された技術ですが、現在では下水道における作業にも採用されています。凍結工法は液体窒素を使用して作業箇所の両端を凍らせます。

この技術を採用すると任意の場所を凍らせてバルブの代用品にすることができます。部分的な断水は生じますが、どのような場所でも素早く作業を行うことができるというメリットがあります。大型施設などでフロアごとに作業を行いたい場合などに適しています。不断水工法は通水状態を維持したまま配管工事を行うことができます。以前の方法と比較して低コストかつ迅速に作業を行うことが可能です。現在では上下水道の様々な工事が不断水工法によって行なわれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *