最近では上下水道において分岐管やバルブの設置・交換を行うために不断水工事が行なわれています。

低コストで素早く配管工事を行うことができるため人気があります。かつては配管工事を行うために断水を生じさせる必要がありましたが、現在では通水状態を維持したまま作業を行うことができます。断水を生じさせるには赤錆の付着した古いバルブを動かさなければなりません。赤錆が剥離するとバルブや分岐管の設置・交換後に配管内の清掃が必要になります。工事現場の近くにバルブがない場合は広い範囲で断水を生じさせる必要があるため、周辺住民の生活に大きな影響を及ぼします。

断水の影響を最小限に抑えるには、事前の告知や給水車の手配などが必要です。不断水工事ならば赤錆が剥離して水が濁ることはありません。また広範囲に断水が生じて周辺住民の生活に大きな影響を及ぼす心配も不要です。様々な付帯作業を行なわなくてよいため、従来の方法と比較して工事期間を短縮することができます。不断水工事を行う技術には分岐工法と凍結工法があります。分岐工法は穿孔機のドリルで完全な通水状態を維持したまま配管に穴を開けます。

切り屑は水圧で外に押し出されて穿孔機内に取り込まれるので安心です。凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍らせてバルブの代わりとします。部分的な断水が生じますが基本的には通水状態を維持できます。不断水工事を行うと従来の方法と比較して大幅に工事期間を短くなるので人件費などのコストも削減できます。低コストで素早く配管工事ができるため、現在では上下水道の様々な工事が分岐工法や凍結工法によって行なわれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *