現代生活の中での便利な暮らしにおいて、中々意識することはありませんが「いつでも水道水をつかうことができる」という安心感は非常にありがたいことです。

この背景には、日本の優れた水道水の品質管理に係る技術的な進歩や工事に関する工法が進化してきたという歴史があります。ひと昔前までは、分岐工事や水道本管の工事において断水はよくあることでした。しかし現代では水道の通水状態を維持しながら工事が可能な「不断水工事」が主流になっています。この不断水工事には、大きくふたつの方法があります。それが「分岐工法」と「凍結工法」です。

分岐工法とは、既設水道管に割T字型の分岐材料を取り付け、その中でカッターで既設水道管に穴を開けて新設する枝管に通水するやり方です。凍結工法とは、既設水道管の分岐部材を取り付ける両端を特殊な原料を用いて凍結して止水し、新設する枝管に水を流す方法です。いずれの工法においても不断水で施工をすることができます。

これらの方法が確立される前までは、断水となることを前提に工事を行う必要があったようです。その際には断水に影響する範囲の居住者の方の同意を得る必要があり大変な苦労を伴います。田舎の住宅が少ないところであれば理解は得やすいですが、都会の住宅密集地で居住者全員の承諾を得るのは至難の技だと思います。仮に了解が得られても、その先に病院などがあれば絶対に断水できないため給水車の手配も必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *