不断水という言葉はなかなか聞き慣れないと思いますが、実は私たちの生活には欠かせないものです。

断水という言葉は普段から聞く事があると思います。災害が起きた時には、これが発生して給水車が出動したりします。水が無ければ、手を洗うことも、食事を作ることも出来ませんし、トイレを流すことも出来なくなります。その他様々な面で不便を強いられることになります。断水は家庭で不便になるだけでなく、商業活動にも影響が出ます。特に水を使って何かを製造しているところでは大変です。

工場など、普段から大量に使っているところでは、工場での操業を止めなければならないでしょう。このように断水は社会生活に大きな混乱をもたらしますが、冒頭で紹介した不断水とはどういった意味でしょう。これは断水をしないという意味になります。どういったところで使われている言葉かというと、水道工事です。そこでは不断水工事といったことが行われることもあるのです。

水道工事と言えば、付近一帯を断水にして夜中に行うというイメージだと思いますが、不断水工事はその名の通り、断水せずに工事を完了させることが出来ます。つまり生活に混乱をきたさないということです。どういった工事の場合この方法を使えるのかというと、分岐工事とバルブ(弁)の交換の時です。前者の場合、特殊な器具により分岐を行うため断水しません。後者の場合は、厳密には限定的な地域だけ断水するのですが、従来のような長時間の工事にはなりません。ですので、不断水工事は私たちの生活にとても役立っているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *