上下水道でバルブや分岐管の設置・交換を行うならば不断水工法を採用するとコストを抑えることができます。

不断水工法は配管内の水の流れを止めずに作業を行います。従来の方法と方法よりも素早く作業を行うことが可能です。また通水状態を維持したまま作業ができるので、給水車の手配や周辺住民への告知などが不要になります。古いバルブを動かす必要もなく赤錆が剥離して水が濁ることもありません。工事後に配管内を清掃する手間も省くことができます。不断水工法は従来の方法と比較して素早く作業を行うことができるだけでなく、様々な付帯作業も不要になります。

工期を大幅に短縮することが可能となるため、人件費などのコストを削減できます。低コストで工事を行うことが可能なため、配管工事業者はリーズナブルな料金を提示できるようになります。配管工事業者にとっては営業効率を上げることが可能となる一方で、顧客は安い料金で工事を依頼できます。不断水工法は業者と顧客の双方にメリットがあります。

従来の方法では工事現場の近くにバルブがない場合、広範囲に断水を生じさせる必要がありました。しかし不断水工法を採用すれば通水状態のまま作業ができます。周辺住民に大きな影響を与えることがありません。工事現場の周辺に住んでいる人々にとってもメリットがある技術です。通水状態を維持したまま配管工事を行う技術には、機械的に配管に穴を開ける分岐工法と液体窒素で作業箇所の両端を凍らせる凍結工法の2種類があります。現在ではいずれも上下水道の配管工事に広く採用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *