現代人にとって水道が使えなくなるというのは、とんでもなく不便なことです。

現代でも稀に災害などが起きて水道が使えなくなることがありますが、その時の不便さは凄まじいもので、蛇口をひねるとすぐに水が出てくるというのが、どれだけ有り難いのもだったのかということを思い知ります。今でこそ断水が起きるのは災害時くらいなものですが、実は一昔前は断水というのはけっこう頻繁に起きていました。水道管の施設工事などがあると、しばしば水道が使えなくなりました。

その度ごとに工事業者が挨拶に来たりしていたものですが、最近はそのようなことがほぼ無くなっています。実はこの変化の陰には、不断水工法の確立という工事技術の進歩があったのです。不断水工法というのは、水を止めることなく水道管の工事ができるようにした工事手法で、これのおかげで水道管工事が劇的に楽になりました。

水を止めなくてもいいので、各家庭に断水を告知する手間ひまをかけなくてもよくなりましたし、給水車の手配などもしなくてよくなったわけです。また工事そのものもとても楽になりました。不断水工法の場合は、工事後に水道管内を清掃する必要がありません。不断水工法が確立される前はよく起きていた赤水の発生などもなくなりました。余分な工程がなくなったことで、工事にかかる時間もコストも削減できています。このように不断水工法が完成されたおかげで、私達の暮らしに大きなプラスになっているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *