生物にとって水はとても重要であり、それは人間のライフスタイルにも大きく関係している存在でもあります。

そんな人間が水を快適に利用することを実現させたのが水道であり、現在の日本には水道が普及し、日常的に水を使用しやすい環境が整っています。けれどもそんな水の人工的な通り道である水道管も、自然災害による停止や経年劣化による損傷など、さまざまなリスクを背負っていることも事実です。そこで登場したのが不断水工法で、かつては水道工事や点検などの際には、事前に工事を予告することで一旦水の流れを停止させ、断水することが基本でした。

しかしながら水を止めてしまうと当然水道を利用できないため、不便さだけでなく日常生活に支障をきたすこともありました。ですが不断水工法の場合、その名の通り水を止めることなく、普通に水を供給しながら工事や修理が可能となっています。そのシステムのメカニズムとしては、すでに設置されている水道管に分岐用のT字管と仕切弁、穴あけ用の穿孔機を設置します。

そして穿孔機で水道管に穴を開けますが、仕切弁を利用することで水の流出を防ぎ、穿孔機を取り外すことで水を止めずに配管作業を実施することができるようになります。ちなみに穿孔機の穴開けの際に出る金属片は、水道管の圧力によって外側へ出されるので水道管内に入ることもなく、水に混入する心配もありません。またこのような作業により、かつてのような断水が不必要となるだけでなく、工事期間の短縮とともに経費も削減できるため、不断水工法はまさにメリット豊富で画期的な工事方法として認識されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *