近年では上下水道の配管工事を水の流れを止めずに行うのが主流になっています。

1959年に不断水工事の技術が登場するまでは、古いバルブを動かして断水させた上で作業が行なわれていました。広範囲に断水が生じるため周辺住民の住宅生活に大きな影響を及ぼすことになります。しかし不断水工事ならば周辺住民の住宅生活に影響を及ぼすことなく作業が可能です。工事を行うにあたって、事前の告知や給水車を手配する必要もありません。

不断水工事の技術には分岐工法と凍結工法があります。1959年に分岐工法が上水道の配管工事を行うための技術として開発されました。この方法では穿孔機のドリルを使用して配管に穴を開けます。水の流れを全く止めずに作業を行うことが可能です。穴を開ける際に発生する金属片は水圧で外に押し出されて穿孔機内に取り込まれます。分岐工法よりも後になって登場したのが液体窒素を使用する凍結工法です。この方法では作業箇所の両端を凍らせてバルブの代用品とします。

部分的には断水が生じますが、広範囲に水を止める必要がないため、基本的に周辺住民の住宅生活への影響もありません。特に大規模な施設で各階ごとに配管工事を行いたい場合に適しています。分岐工法も凍結工法も事前の告知などの付帯作業が不要となります。また工事の作業自体も以前の方法と比較して短時間で行うことができます。近年ではいずれの方法も上下水道の配管工事に広く採用されるようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *