現在、国内で住宅生活を送るうえで水道水はいつでも使えて「当たり前」という供給水準にありますが、過去の水道事情は現在と違い、水道工事で断水するといった状況もめずらしくはなかったようです。

今でこそ高い水準にある日本の水道供給の状況ですが、それを実現するために様々な工事方法が発展しています。ここでは不断水工事について説明していきたいと思います。不断水工事とは、従来の水道本管をから枝管を増設する際に、影響下にある住宅が断水になってしまうという問題を解消すべく、その名の通り「不断水」で工事を行います。

具体的な方法としては「凍結工法」や「不断水分岐工法」といった工法があります。凍結工法では、既存水道管と増設する枝管の取り合い部を凍結により止水し、接続語に通水する工法です。不断水分岐工法は「割T字菅」と呼ばれる部材を既設の水道管に取り付け、内部のカッターで既設水道管に穴をあけて増設した枝管側に水道水を供給する工法です。

いずれの不断水工法でも、工事範囲を最小に抑えることができ、既設配管内の清掃も不要でありことから、非常に効率的な工事となっています。過去においては、工事影響する範囲の住宅が断水となる場合、その一軒一軒を草の根的にまわりながら工事概要を説明したり、生活に支障をきたす恐れがある場合には給水車の手配が必要になることもあったようです。今でこそ主流となった不断水工事ですが、快適な生活を送るうえで非常に重要な役割があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *