不断水工事ならば住宅生活に大きな影響を与えることなくバルブや分岐管の交換ができます。

1959年に断水を生じさせずに配管工事を行う技術が登場するまでは、配管内の水の流れを止めて上下水道の工事が行なわれていました。不断水工事の技術には分岐工法と凍結工法の2種類があります。最初に上水道の工事を行う技術として分岐工法が開発されました。その後に液体窒素を使用する凍結工法が登場します。現在では不断水工事の技術が上下水道の両方で採用されるようになりました。様々な住宅に対応しており、周辺の人々の生活に大きな影響を与える心配がありません。

かつては配管工事を行うために広範囲な断水を生じさせる必要があり、周辺の人々の住宅生活に大きな影響を及ぼしました。断水対策としては事前の告知や給水車の手配などが必要になります。しかし不断水工事であれば事前の告知などをする手間を省くことができます。分岐工法は機械的に配管に穴を開ける技術です。

完全に水の流れを維持したままバルブや分岐管の交換ができます。穿孔機のドリルを使用して配管に穴を開けますが、切り屑は水圧で外に押し出されるので配管内に残ることはありません。凍結工法は液体窒素を使用して作業箇所の両端を凍結させます。バルブがない場所でも凍結部分を代用品として利用できるので問題なく作業ができます。不断水工事の技術は様々な住宅に対応できるだけでなく住民の生活に大きな影響を与えないので人気です。現在では上下水道における多くの工事に採用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *