現代における住宅生活で水道水は必要不可欠であり、水道水の供給が安定していることは非常に重要です。

今でこそ日本国内では安定して水道水を供給できていますが、過去においては既設の水道本管からの分岐工事する際、工事期間中は断水となるケースもありました。現在は不断水工事により、通水状態を維持しながらの工事が可能となっています。不断水工事とは、既設の水道本管に割T字管と呼ばれる分岐用の材料を取り付け、その材料の中で既設管に穴を空けて新設する枝管側に水を流せるようにする工事で、その名の通り、住宅で使用する水道水を断水することなく行うことができるため、生活に支障がない工事として広く採用されています。

不断水工事の最大のメリットは、通水状態を維持できるということです。過去においては、工事の影響下にある住宅のすべてに周知が必要で、状況によってはその周知戸数も多く世帯主に説明するスケジュールが合わなければ工期が遅れるリスクもあったようです。また、スケジュールの折り合いがつき、給水車の手配まで行ったとしても、工事に対する理解を得るのに苦労するケースもあります。

現在では、不断水工事の採用により過去のような苦労をすることはなくなりました。また、「不断水」というメリットのほかにも、既設の水道管内の掃除が不要となるため、工期短縮や工事費を最小とすることができます。現在の生活では当たり前の水道水ですが、それをささえる技術力も日々向上しているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *