不断水工事ならば普段の住宅生活を維持したまま上下水道のバルブや分岐管を交換できます。

配管内の水の流れを止めずに作業を行うため、工事現場周辺に暮らす人々の住宅生活を阻害することがありません。いつもと同じ住宅生活を維持したままなので、事前の告知や給水車の手配も不要となります。以前の方法と比較して工事期間も大幅に短縮されるため、コストの削減も可能です。不断水工事の技術が登場するまでは、バルブや分岐管を交換するのに配管内の水の流れを止める必要がありました。

工事現場の近くにバルブがない場合、広範囲な断水が生じるので周辺住民の住宅生活に大きな影響を及ぼします。影響を最小限に抑えるには事前の告知や給水車の手配が必要です。また古いバルブは内部に赤錆が付着しており、動かすと剥離して水が赤く濁ります。赤水を解決するには工事後に配管内を清掃しなければなりません。不断水工事の場合は通水状態のまま作業ができるのでバルブを動かさなくて済みます。赤錆が剥離して水が赤く濁ることもないため事後の清掃は不要です。

様々な付帯作業を省略できるので工事期間が短くなります。断水を生じさせずに工事を行う技術は分岐工法と凍結工法に分類できます。いずれも以前の方法と比較して迅速な作業を行うことが可能です。不断水工事ならば普段の住宅生活を維持したまま作業を行うことができます。現在では不断水による配管工事が上下水道の両方で広く行なわれるようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *