どこの住宅でも蛇口は、複数設置されています。

台所、洗面所、お風呂など、水を使用する場所には必ず取り付けられ、蛇口をひねれば水が流れ便利な生活を支えています。新たな住宅が建つことになれば、それに伴い上下水道工事が行われ、入居と同時に水が使える生活が送れるようになります。人が暮らす住宅はもちろん、会社や店舗、病院や公共施設など人が居る場所には、水が使えるようになっています。

生活するうえでなくてはならない水ですが、災害や水道管破裂などで蛇口をひねっても水が出てこない状況を発生することもあるでしょう。こうした不幸に見舞われたとき、当たり前に使っていた水道水のありがたさを痛感するものです。便利な生活になった現代で、水が出なくなることは想像外の影響を与えることになるでしょう。入浴、食事の用意や後片付け、洗濯、洗面、トイレなど、水道水が出なければどれも出来なくなります。

以前は上下水道工事を行う期間中、近隣地域に住む人々はこうした当たり前におこなっていた行為ができなくなっていました。不断水工法は、上水道の給水分岐時に本管を断水することなく施工するために開発された工法で、多くの人に不便を強いることを解消しました。便利な生活を続けさせてくれるだけでなく不断水工法は、工事期間も短くすみ工事費も抑えることができます。また、断水にならないため事前広報や給水車の用意なども不必要になったため、それにかかる費用もなくなり大幅なコスト削減ができる点もメリットといえます。不断水工法のおかげで、いつでもおいしい水が蛇口から流れてくるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *