マンションや一戸建てなど住宅の水道工事を実施する際に、工事の最中水道が使用出来なくなってしまうと大変困ります。

しかし、不断水工法で工事を行うことで、水道の流れを阻害せずに工事が可能になり、住宅の水道が問題なく使用できるのです。生活のために水は必需品ですし、特に小さい子供や年配の方がいらっしゃるご家庭では、何時間も水が利用できないと不便です。一般の住宅での生活だけでなく、病院や公共施設などでは、水道が利用できないことでさらに不便が生じてしまうことでしょう。

水道が使えない間の生活用水を運んでくる場合でも、コストや労力がかかってしまいます。そういったこともあり、最近では水道工事の際に不断水工法が採用されるケースが増加してきているのです。不断水工法には、工事が必要な箇所にT字管と仕切弁を配管に取り付けて、水の通り道を別に作るという手法と、工事箇所だけ水を凍結させて工事をする手法の2種類があります。

凍結する手法では、やはり一時的ですが水が流れなくなってしまいますから、水道を使用し続けながら工事をするためには、T字管と仕切弁を設置する方法が最適だと言えるでしょう。もしも水を一時的にでも止めることになれば、周辺住民への告知とその間の給水車の手配など、多くの手間と費用がかかってしまいます。工事を実施する側の業者にとっても、不断水工法での水道工事は費用の削減になるのでメリットが大きいと考えられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *